シアターBRAVA!
〒540-0001
大阪市中央区城見1-3-2
TEL 06-6946-2260(10:00~18:00)

音楽座ミュージカル「21C:マドモアゼルモーツァルト」

日程
2013年6月29日(土) ~30日(日)
料金
S席8,400円 A席6,300円(全席指定・税込) 
※5歳未満のお客様のご入場はご遠慮ください。
会場
シアターBRAVA!
一般発売日
2013年4月27日(土)
お問い合わせ
音楽座ミュージカルチケットセンター 
0120-503-404 (12:00~18:00/日祝休)
イントロダクション
「戦争で始まった21世紀に、希望を」
「モーツァルトは実は女だった」という原作コミックスに新たな解釈を加え創作した、もうひとつの「マドモアゼル・モーツァルト」。
「モーツァルト版黙示録」ともいえる深く壮大なテーマに、圧巻のダンスで展開するオペラ「魔笛」シーンをはじめとした、エンターテインメントの要素を融合させ、未来への希望を描く。
「平和と再生」が実現する世界として待ちわびていた21世紀が、実際には「米国同時多発テロ」や「イラク戦争」など、希望を大きく覆す幕開けとなったことに対する、音楽座ミュージカルからの渾身のメッセージ。
ストーリー
19世紀のウィーン。かつて宮廷楽長を務め、後半生は作曲よりも主に教師として生きるアントニオ・サリエリは、ひっそりと晩年を過ごしていた。
死期が訪れ臨死状態になったサリエリは、モーツァルトに会った最後の日、オペラ「魔笛」の初日に受け取った譜面を手に、自らの人生の意味、そしてなぜモーツァルトとの出会いの意味を考え続けていた。その問いに呼応するかのように譜面から青い蝶が舞い上がり、時空を超えた未来へとサリエリを誘う。
「パパ」と叫ぶ少女の声。飛び交う戦闘機、鳴り響く爆撃音…そこは21世紀の戦場だった。未来の世界と18世紀のモーツァルト全盛の時代、そして年老いたサリエリが生きる19世紀。3つの時代をめぐる壮大なストーリーが幕を開ける。
出演
Rカンパニー
開場
開演の30分前
公演日程
開演 6/29(土) 6/30(日)
13:00
15:00
主催
ヒューマンデザイン
企画製作
ヒューマンデザイン
先行日程
BRAVA!Webチケット会員先行【抽選】
なし
BRAVA!Club α会員先行 【抽選】
なし
プレイガイド情報
0570-02-9999  Pコード428-229

音楽座ミュージカルチケットセンター 0120-503-404 4/27(土)12:00以降
(12:00~18:00日祝休)
BRAVA!Webチケット ご登録・ご購入はこちら  
シアターBRAVA! 窓口のみ 4/28(日)以降 11:00~18:00
※0570で始まる電話番号は一部携帯電話・PHS・IP電話・ダイヤル回線からのご利用はできません。